マレーカンポン家庭料理の会♪

投稿日:

先日ヘイズについてお伝えしましたが、ペナンではここ数日まとまった雨が降り、
クリアな空が戻って来ましたー♫ 山も水平線もクッキリ見えます^^
今後のペナンヘイズ状況はワクワク海外移住 Facebookの方でお伝えしたいと思います!
 
さて先週末のこと、ローカル友人主催の「マレーカンポン家庭料理の会」にお邪魔してきました。
*カンポン=マレー語で 田舎・集落の意
これが予想以上に楽しかったので、ブログに載せていい?と聞いた所、
「もちろん良いよ〜 っていうか宣伝しちゃって♪」
との事だったので、ご紹介したいと思います!
場所はペナン北西部の Teluk Bahang(テロバハン)。マレー人居住区にある、ごく普通のお宅です。
時間が19:00近くだったので、外の写真が薄暗くてゴメンナサイ!
↓バス通りからほんの少し内側に入るだけで、こんなのどかな風景が広がっています^^
Exif_JPEG_PICTURE
↓グリーンやピンクなど壁も南国ならではの華やかな色調
Exif_JPEG_PICTURE
↓近所の子どもたちに写真撮らせて!とお願いすると、とびきりの笑顔で応えてくれましたよ♪
すっごく人懐っこくて可愛いかった〜(*^^*)
Exif_JPEG_PICTURE
カンポンを散策した後は、いよいよお食事へ。
この日は大人4名・子ども4名の総勢8名、メニューはおかず5品+ご飯+デザートのココナッツゼリー、
飲み物は紅茶・ジュース・水の中から自由に頂きます。
↓イカと野菜のターメリック炒め *イカが柔らかくて新鮮!辛くないので子どもたちもOKでした
Exif_JPEG_PICTURE
↓エビのサンバル煮込み *少し辛め、エビはフライしてから煮込んでいるのでパリパリで超美味!
Exif_JPEG_PICTURE
↓ジャガイモの炒め物 *ポテトの甘みが子どもたちにマッチ!お代わり連発w
Exif_JPEG_PICTURE
↓野菜炒め *インゲン・人参・カリフラワー、油控えめであっさり塩味
Exif_JPEG_PICTURE
↓フィッシュカリー *魚の臭みは全く無し、辛みより酸味が強い絶品カリー!
Exif_JPEG_PICTURE
普段、私が口にするマレー料理と言ったら、ナシチャンプル(経済飯=おかずぶっかけご飯)ぐらいで。
美味しいけど、店頭に作り置きで冷めてたり、油がちょっとキツく感じる時もあったんですよね...。
ところが、今回のマレー家庭料理、当然油は使っているんですが不思議としつこさは感じず、
家庭的な味付けが絶妙で、お店の物とは全く別物!ちょっとクセになる美味しさです♫
特にフィッシュカリーがもう絶品で...感動で3杯お代わりしたMangoです!(食べ過ぎwww)
このお宅がある Teluk Bahang は漁村なので、魚介類はこの上なく新鮮なんですよねー
↓この酸味の秘密が知りたくて材料を聞いたら、わざわざ見せてくれましたよ♫
Exif_JPEG_PICTURE
酸味の素はトマト?!んーもっと強烈な酸っぱい物が入ってる気がしたけど...
なにやら半生ペースト状の物体があって(乾燥チリの左横)、これが怪しい...(聞いたけどよく分かんなかった)
って、あんまり私がしつこく聞くもんだから、お料理教えようか?と。
えーーー!それぜひお願いしたい!!という事で、今度は「マレー料理教室の会」を開いて頂く事に。
すごく楽しみですー♪ 
マレーシアって、日本の様に「先回りしたサービス」は無いけれど、
こんな風に相手の要望を聞き入れて「臨機応変に対応してくれる」場面に遭遇する事が多々あります。
私にとっては「マレーシア流・サービス」が、とても心地よいです^^
↓おまけ。伺ったお宅には、なんと生後1ヶ月の赤ちゃんが...♪
Exif_JPEG_PICTURE
ガヤガヤ食事する間もスヤスヤ寝ていましたが、帰り間際に起きてぱっちりお目めを開いてくれました^^
お食事も美味しかったけど、普段は接する事が少ないマレー人ファミリーとの触れ合いに、
大いに癒されたMangoでありました。
*もし、「家庭料理」& 「お料理教室」参加希望の方がいらしたらお気軽に、
lovepenang12@gmail.com までご連絡下さいね。在住・観光どちらの方にもアレンジ可能だそうです。
*↑こちらのアドレスは「マレー料理関連」のみの受付とさせて頂きます。
その他のお問い合わせは「ワクワク海外移住」問い合わせフォームよりお願い致しますm(- -)m

-ペナンのイベント, ペナンの食・市場

Copyright© BEYOND MALAYSIA , 2018 All Rights Reserved.