コンドミニアム@ペナン

投稿日:

1週間ぶりの更新です(> <)
実はありがたいことに、Kids向け手芸ワークショップ第二弾のお話を頂いており、
今週はひたすら資材調達とサンプル作品製作に没頭しておりました。
材料揃えるのにアチコチ巡って、新たなエリアも開拓できて良かったのですが、
ペナンにユザワヤが進出したら絶対流行ると思う〜求む大型手芸店!
*ワークショップ詳細は決まり次第改めてお知らせします(^-^)/
さて前回の続きで、引越しとコンド選びについて書こうと思います。
2つのコンドの特徴をあげてみますね。
(ペナンのコンドミニアム基本情報は、こちらのブログ過去記事をご参照ください)
 
【最初に住んだ、コンドA】
①街の中心部で徒歩圏内にホーカーやスーパー有り、バス停も目の前。セキュリティまぁまぁ
②娘の学校から車で5分と近い
③高層階で風通しが良く、イベント時の花火などが間近で鑑賞できる(でもウルサイ!)
④共用設備(プールやジム)が綺麗
⑤一般的な3ベッドルーム・2バスルームの間取り、湯船無し、シャワートイレ仕切り無し
⑥日本人が多く、仲良くご近所付き合いして頂けた
⑦シンガポールに住むオーナーが非常にケチw ことごとく修理を渋る
【転居先の、コンドB】
①中心部からは離れ、車が無いと厳しい地域。世帯数が少なめでセキュリティも良さそう
②娘の学校からは車で10分強
③低層階だが高台に建っている為、実質15階位の高さで風通しも良く、とても静か!
④築年数が古いので、共用設備は前より劣る(が一部リノベーション済みで悪くもない)
⑤2ベッドルーム・2バスルーム。湯船無し、シャワールームの仕切りがあってトイレが濡れない!
⑥日本人は数名居るらしいが、まだお会いしていない
⑦オーナーが隣室!フットワークも軽く家具のリクエストにも全て応じてもらえた
 
①は、車を使っている我が家は問題無し
セキュリティの「まぁまぁ」は、ガードマンが居ても外部人間ほぼスルーで入れたから…(´Д` )
友達が遊びに来た時は楽なんですけどねf^_^;)
でも幸い、私が住んでいる間に空き巣や事件はゼロでした。
②も、さほど気になる差ではありません。
③は、大きなポイント!特にチャイニーズニューイヤーの爆音に辟易としていたので…f^_^;)
④は、引越し当初何より嬉しかったプールも、慣れてくると月に1回入るかどうかの頻度だった我が家は問題無し。
⑤は、断然今の方が快適!部屋数は減ったものの我が家には充分だし、仕切りがあるのでトイレが常に2カ所使えます。
⑥は、意外と重要!
母子のみで暮らすMango家、やはり日本人が近くに居るのは精神的な拠り所でもありました。
大人一人で常に気を張っている状態なので、日本人の存在はとてもありがたかったです。
自分が体調不良の時に学校送迎をお願いしたり、MM2Hのご夫婦が料理を差し入れて下さったり…
お世話になった回数は本当に数えきれません。
⑦は、良いオーナーとの出会いは重要!でもタイミングと運まかせ…
最初のコンドAは、下見5日の間に不動産エージェントを通じて探しました。
一方、今のコンドは自分で探してオーナーとの直接契約です(家賃も1万円以上下がりました)。
エージェント利用は選択肢が多くアフターフォローも含まれるけど、仲介料が必要。
自分で探せば出費は最小限だけど、物件は限られ交渉も全て自力で行う必要が。
どちらにもメリット・デメリットはあるワケですが、総合的に考えて
「1年目はエージェントを通して正解だったし、コンドAも初年度に最適な物件だった」
と思います(^-^) 花火も満喫出来たし♪
オーナーには問題あったけどw、エージェントはきちんと対応してくれたのが幸いでした。
 
そして契約の際、家具の買い足しなどの交渉も大切ですが、個人的にオススメしたいのが
「出来るだけオーナーに預けるデポジット(保証金)を減らしてもらうこと」
です。何故かと言うと、我が家の様に突発的な事象が起こり(タイル爆発の件ですw)、
急遽引越し!という際にデポジットが戻って来ない可能性もあるから。
私は最後の1ヶ月「タイル直すまで家賃支払い拒否」をしていた為、
今回の引越しではデポジットが戻らなくてもトントンで済んだのです\(^o^)/
当初こんな事態は想定しておらず、単に予算の関係でデポ削減交渉をしたのですが、
結果的にとても助かりました(*^^*)
いつ、何があるか分からない海外暮らし、預けるお金は最小限が良いと思います。
この1年間、友人宅にお邪魔したり知人のコンド探しに同行したりして、たくさんの物件を見学。
自分好みのエリアやコンドに目星を付けておいたので、2軒目の物件探しはとってもスムーズでしたよ♪
でも引越し作業は思ったより大変で…大型家具は一切なし、
友人に手伝ってもらっても荷造りから運び出しまで合計3日間掛かりました。
引っ越すなら荷物が増える前が良いかも...f^_^;)
 
この春からマレーシアへお引っ越しの方も多いかと思いますが、
どうぞ皆さんそれぞれに最適な物件がみつかりますように!
日本とは違う部分も多いので、最初からあまり期待せず
「軽い不具合は自分で直しながら住む」くらいに考えた方が気が楽だと思います(^-^)/

-ペナンの暮らし

Copyright© BEYOND MALAYSIA , 2018 All Rights Reserved.