国民的ソウルフード「ナシレマ」がマレーシア発祥と認められた日?!

投稿日:

1月31日のこと。Googleトップ画面に、なんとマレーシアの国民食ナシレマが登場!これは同日執り行われた「新国王の戴冠式」にちなんだもの。

↑真ん中をクリックすると、↓のナシレマを作る行程がわかるアニメーションへ飛ぶようになっています。

アニメーションの画風が可愛らしく、タイトルの「Celeblating Nasi Lemak」も間接的な表現で、知らない人には「どうして祝うのか?」と興味をそそられる憎い演出です。

*ナシレマ:ココナツミルクで炊いたご飯にサンバル・ゆで卵・ピーナツなどがバナナの葉に乗ったマレーシアのソウルフード。主に朝ごはんとして販売されており、持ち帰りはバナナリーフを三角に折り上げ、おにぎりのような形で売られています。→ ウィキペディアのナシレマッ ページにも写真付き解説あり
*マレーシア国王は、各州のスルタン(王様)が持ち回りで担当しており、新マレーシア国王=アゴンは「パハン州のスルタン」が就任するそうです。任期途中で辞退した前国王49歳、その理由は元ミスロシア25歳との愛を貫いて結婚するため、と言われております。ロシアでは既に結婚式を挙げたとか...何番目の奥様でしょう。諸々衝撃的!

ネット上のマレーシア国民の反応は相変わらず面白くて、「Sorry シンガポール! Googleの認識ではナシレマは『マレーシアの国民食』ってこと!」「インドネシア人は自分たちがオリジナルっていうけど、Googleはマレーシアと認めてるね〜」など、なにかと比較される隣国に向けてのコメント多数(笑)マレーシア国民にとってナシレマは、人種を問わず誰もが食す大切な「ソウルフード」なんですね。

余談ですが、あのGoogleトップ画面のことを「Google Doodle」といいます。Doodle=いたずら書き💡また今回のDoodleはマレーシア以外にも日本・中国・オーストラリア・イギリス・アイルランドで見られたそうですよ ▶︎詳しくはこちら

・・・・・・・・・・

ちょうど同じ日に、近所にオープンしたニョニャ料理店「B NYON CAFE」でビーフレンダンのナシレマを食べたのでご紹介します。基本のナシレマは上記動画のようにシンプルですが、チキン・魚・ビーフなどを添えた豪華版もあるんです。「バタフライピー」という青い花で色付けされた青いご飯、スパイスで煮込んだカレー風味のビーフやチキン、そしてピーナッツや揚げた小魚は絶対欠かせません。

メニュー一覧。

こちらのお店、Gurney Paragon 4Fフードコート内のニョニャ料理と同じオーナーだそう。この日はBeef Rendanのナシレマを頂きましたが、とても美味しかった◎ ボリュームも満点で、男性にも十分な量です。他のメニューも試したらご報告しますね♪

お店はLatitude コンドミニアムの地上階にあり、この周辺は新しいコンドが続々と完成してお店が少しずつ増えています。先日は新たにバス停が作られているのも発見!先日のFacebookでお知らせしたSOCARのポイントもあるし、なかなか便利になってきました。

B NYON CAFE
2-1-15(FIrst Floor), The Latitudee Commercial Shoplot,
Persiaran Halia 3

-ペナンの食・市場

Copyright© BEYOND MALAYSIA , 2019 All Rights Reserved.