マレーシアから世界へつながる

マレーシアで警察と対峙するとき|交通違反時の対処法

先日、ローカル友人が交通違反で捕まった話をツイートしたばかりなんですが、 今度は私が捕まりました😭

友人の場合は、特定場所での「張り込み」時で、いわば狙い撃ちされた形。

でも私は赤信号でtextしていてそのまま発進してしまい、100%自分の落ち度。

気づいたら白バイ警官2人に挟まれてて青ざめました(汗)

「この違反はCompound(違反金) ではなくSummon(裁判所への出頭命令)で、RM1000(約27,000円)かかる」

と告げられ、結果的に交渉で下がったものの自分史上一番高い罰金に…

マレーシアで警察に捕まった場合の、私が実践している対処法を書きます。

他にも色々やり方はあるかと思いますが、どなたかの参考になれば。

違反の種類とマレーシアの事情

まず、交通違反は「州のお役所」と「警察」の二種類あり、警察の方が高額。

さらに警官曰く「運転中のスマホ使用は、警察署ではなく即裁判所行き」とのこと。

警察や移民局など公務員の多くはマレー系です。

マレー語ができない外国人は不利になる場合と、逆に有利になる場合も経験しています(言葉が通じず面倒で解放されるなど)。

そして公務員の給与はさほど高くなく、警察職員はお小遣い稼ぎのため?

特にハリラヤ(断食明けのお祭り)やCNY(中華系の正月)などの行事の前は

取り締まりが厳しくなると言われています。※今がまさにその時期!

捕まったらどうする?

①逆らわない

路肩に車を寄せたり、警察の指示通りにします。

ただでさえ立場の弱い外国人、反発して大ごとになれば、最悪の場合ビザ剥奪で国外退去です。

これは大人だけでなく、中高生や大学生など大人なしで行動する留学生たちにも理解しておいて欲しいことです。

つづきはこちらへ