世界とつながる生き方をマレーシアから

タイプーサム2013 ①

ヒンドゥー教の奇祭、タイプーサムへ。
この祭り、危険過ぎるという理由から、本国インドでは禁止されているとか…
マレーシア(バトゥケイブとペナン)・シンガポールで開催されているそうです。
数日前から、メイン通りではブースの準備が着々と進み、26日(土)は前夜祭、27日(日)がタイプーサム当日です。我が家は友人に声を掛けてもらい、在ペナン・インド系の大御所 Kapal Singh 宅へお邪魔してきました!

このお宅は祭りの山車が通るメイン通りに面していて、大御所だけにKapal Singh 家の前で山車が必ず立ち止まるし、神様が通る道を清めるためのココナッツ割りも自宅前で参加させてもらえる!という幸運。友人に感謝です(*^^*)

↓各ブースはスポンサー企業の出店も多く、これはE&Oグループのもの
20130127-133438.jpg

↓ブース中央に神様が設置され、道路には極彩色の花や動物が
20130127-162916.jpg

↓こちらはDHLのブース、飲み物や食べ物を無料で配るブースもたくさんありました
20130127-134204.jpg

マレーシアでは、こういったイベント時に、企業などがスポンサーとなって無料で飲食を振舞う事がとても多いです。「無料で宣伝出来る」と考えるのでしょうね。ステキです。日本では「儲け時」と考えてか、お祭りでは高額設定なのが残念。

↓神様が通る道を清める為のココナッツ
20130127-162109.jpg

↓背中にイカリ型の針がたくさん刺さっています!流血しないのが不思議…

20130127-215330.jpg

↓幸運な事に、通り掛かったペナン州知事からガーランドを頂いた息子
20130127-163149.jpg

友人が息子を抱っこしてくれていて、丁度目に留まった様で…本当にラッキーでした。
このガーランド、何かの豆を黄色い粉で色付けしてあって、スパイシーでフルーティーな、独特の香りがします。

20130127-163935.jpg

自宅に持ち帰り、部屋に飾ってあります。部屋中が、インドの香りでいっぱいになっています。幸せ!写真が多くなるので、投稿を分けますね。