世界とつながる生き方をマレーシアから

【IGCSE, A-level 5〜6月試験の実施について】(2020/3/24更新)

INSTAGRAM

2020年3月24日付でIGCSE, A-levelの実施中止が発表されました。こちらに記事全文が掲載されています。

ケンブリッジ式カリキュラムのIGCSE、A-levelの受験実施について、主催団体のCambridge international から「2020年 May/Juneの試験は予定通り実施」の発表が出ています(2020/3/18現在)。

※イギリス政府が3月18日付で発表した『国内向けGCSEとA-levelの中止』は、海外向けケンブリッジ式カリキュラムとは異なります。

学校と生徒の安全を第一に考え、個別のケースについては各国の状況をモニターしながら対応していくとの事です。

※FAQの全文はこちらのサイトから確認できます

※ 重要箇所の要約は以下のとおりです

2020年3月24日付でIGCSE, A-levelの実施中止が発表されました。こちらに記事全文が掲載されています。
●2020年6月テストの実施について
Cambridge IGCSE、Cambridge O Level、Cambridge International AS&A Level、Cambridge AICE Diplomaを含むケンブリッジインターナショナル試験は、現在イギリス政府が言及している試験とは別のものです。 ケンブリッジ国際試験は、学校が開いている国や試験を安全に開催できる国では実施されます。

●2020年6月テストの撤回期限の延長(3月17日更新)
多くの学校が、2020年6月の試験シリーズ受験を撤回すべきか検討中の事と思います。学校が決定を下すために、撤回期限を4月17日まで延長します。

学校がブリティッシュ・カウンシルを介して働いている場合、撤退期限に関する具体的なガイダンスについては、地元のブリティッシュ・カウンシルのチームに連絡する必要があります。

※所属校、British Coucilなど、受験申込先へご連絡ください

Year11のIGCSE、Year12〜13のA-level 共に受験は 5〜6月と10〜11月の年2回。
Cambridge Internationalが「予定通り実施」と言っても、5〜6月の受験開催は実質的に可能なのか?まだ分かりません。インター校経由で受験する場合のコースワークはどうなるのか、一部教科のみ受験可能かなど、受験生の皆さんには様々な疑問もあるかと思います。

まずは所属校やBritish Councilへご確認ください。
今後も何か変更が発表され次第お伝えしますが、最新情報をご確認ください。