マレーシアから世界へつながる

高速RFiDが超絶シンプルで便利、ドライブが快適になりました!

先日、高速道路の電子タグステッカー「RFiD」を購入したんですが、導入ステップがわずか3段階と、心配になるくらいシンプルで驚きました。実際使ってみたけど、超便利です!

RFiDとは
  
電子通行料金回収システム。車窓に貼り付けた電子タグステッカーで、『Touch’n Go』というe-walletアプリと連動しており、窓を開けずに料金所を通過できるもの。日本のETCと似てますが、機械ではなく「ステッカー」を貼るだけなのが特徴です。

オーダーからTouch n’Goで一括管理

在住者にお馴染みのe-walletアプリ「Touch’nGo」から購入可。赤丸の「Toll」から購入手続きへ進みます。T’nGoは公共料金など様々な支払いにも連動しています。オーダーから2〜3日後には指定の送付先に到着とスピーディ。

あまりにもシンプルなステップ

右側のバーコード上にある透明ステッカーがそのRFiD、大きさ2cm x 10cmくらいかな。取説は、左側の『ステッカーの貼り付け方』と右側の『アクティベート』それぞれたった3項目で、あまりのシンプルさにちょっと心配になります…。

貼り付けるとこんな感じ。取説の指示通り、助手席側フロントガラスの「外側」に貼ります。

実際に高速道路で使ってみた

本当にちゃんと読み取ってくれるだろうか…と半信半疑で高速道路を利用。この日はペナン島から橋を渡った、マレー半島南部の料金所を通過。料金所、ここでは1番左端がRFiD専用レーンです。

近付いてきた!バーの横の信号はまだ赤です。ドキドキ…

青に変わってバーが上がった!
ということで、無事に使えるのがわかりました\(^^)/今までは窓を開けてTouch’nGoカードを機械にかざしていたのに、ほぼノンストップで通過!めちゃくちゃ快適になりました。

はがれたら?盗まれたらどうする?

貼るのはフロントガラス外側…はがれたらどうする?盗んで悪用されない?と不安にも。でもこれ、アクティベートの際に車種、車体番号、年式など持ち主の情報詳細を登録するので、一致しない車にステッカーが貼られてると認識されずバーが上がらないんだそうです。ほぉ〜

本当に?という一抹の不安はよぎるものの、そうなった時はまた対策が取られるでしょう。マレーシア、公共サービスの問題解決は意外と早いので。

情報少なすぎ!?マレーシア式のサービス

マレーシアのサービス、RFiDに限らず全般的に情報量が少なくシンプル。なんだかAppleやIKEAの取説のようで、日本の先回りしたサービスとは対照的だなぁと感じてます。

「先回りした日本式」か「後からのマレーシア式」、違いの理由をnoteにも書いたので、よかったら読んでみてくださいね。これを理解しておくと、マレーシア生活がより快適になりますよ!

サービスは先か後、どちらを重視?日本とマレーシア、国民性の違い

==========

[BEYOND MALAYSIAのサポート]

マレーシア🇲🇾ペナンのインター校に入学する際のサポート全般を行っています。各校が求める英語力、カリキュラムや学習内容、表立っては書きづらい裏事情など、留学に向けてのマインドセットなど、オンライン相談にて詳しくお伝えしています。
受験から入学、そしてペナン生活のセットアップまでをお手伝いする「ペナン移住トータルサポート」をぜひご利用下さい。

移住サポート

🏡住まいの情報も詳しくご提供中です 
▶︎ペナンのリアルなコンドミニアム情報を写真付きでどうぞ!

📖ワンコインのnote定期購読マガジン

多様性のマレーシア🇲🇾ペナン島から「マルチリンガル教育」「グローバル視点の生き方」「子どもの好奇心・主体性・思考力」をキーワードにお届けするnoteマガジン。ペナン在住10年の移住留学コンサル・海外子育てコーチとして、子育てTipsやマレーシア生活での気づきをシェアしています。
▶︎世界とつながる生き方をマレーシアから

🌎note過去記事はこちらの目次サイトからどうぞ 
▶︎子どもが自分で答えを見つける教育、留学移住、グローバル視点

[MCSマザーズコーチングスクール]

MCSは、子どもの将来の土台となる重要な4つの要素「自分で考える力」「自己肯定感」「折れない心」「思いやりの気持ち」を育てることを目的とした、お母さん(お父さん)のためのコミュニケーションプログラムです。留学前のマインドセット、また良好な親子関係を築きたい方のために、MCS認定講師資格を持つ長塚かおりが講座を開講しています。お問合せは▶︎こちらからどうぞ