世界とつながる生き方をマレーシアから

ロックダウン緩和後のIKEA、店内のSOPなど

INSTAGRAM

MCO/ロックダウンが緩和され10km以上の移動も可能になったので、橋を渡った本州側のIKEAへ行ってきました。

高速を降りて左折した所で検問。ハリラヤ時期なので、州をまたいだ帰省をしていないかチェックしていたようです。私は素通りでOkでした。

ベンチもソーシャルディスタンシングでx印。

入口は1階に限定されており、2階からは入退場不可。丸いテープの上に1人ずつ並びます。

モニターで検温後、消毒とアプリ登録へ進みます。手動の検温じゃないのが◎です。

この日のレストランは人もまばらでしたが、整列の人数もコントールしているので10分程待ちました。来場の多い日はさらに待つと思います。

店舗入口、そしてレストラン入口でもPG Care(アプリ)でチェックイン。名前と電話番号が登録され、万が一感染者が出た際に連絡が入る仕組みです。

この日は片側のみオープン。

食品は全てラップ包装され、メニューも限定されていたのが残念。

グラスやカトラリーは全て使い捨ての物に。テーブル同士の間隔もSOP(Standard Operating Procedure)通りに設置され、安心して飲食できました。なんとロックダウン以降2ヶ月半ぶりの外食!なんとも感慨深いですねぇ。

一番の目的だったコーヒー、セールでRM13.8(約¥350)とかなりお買い得。定価でもお買い得なので、コーヒーはいつもIKEAで購入しています。

ーーー

ソフトロックダウン中のマレーシア、どのお店も同様に検温・連絡先登録・店内の人数制限があります。消毒などのガイドラインに違反すると営業停止なので、お店も遵守しており安心です。
マスクは国の規則では必須ではないものの、お店によっては未着用だと入店不可の所も有る、といった具合です。